Treat Myself

海外生活中アラサー女子の英語・プログラミング学習備忘録

30DAYSトライアル 2nd 30日間総まとめ

スポンサーリンク

 calendar

東京フリーランスさんが主催している「30DAYSトライアル1st」に引き続き「30DAYSトライアル2nd」も無事完走できましたので、30DAYSトライアル2ndを進めていくと何ができるようになったか? 30日間を振り返ってみます。

 

 

30DAYSトライアル 2ndとは?

 30DAYSトライアル2ndのコンセントは、

 

コーダーとして企業と仕事ができる!

 

となっていて30DAYSトライアル1stより難易度が高いけれども、実践的テクニックが実際に手を動かしながら学べる構成になっているため、毎日の課題をこなしていくとしっかり実力が付きます。

 

tokyofreelance.jp

 

Progate編(DAY1からDAY6)

 30DAYSトライアル2ndをこなすための基礎知識(JavaScriptjQuery)はプログラミングオンライン学習サイト「Progate」で学びます。

有料会員になる必要があるので、Progate編では980円(税別)がかかりました。

 

treatmyself.hatenablog.jp

 

 デザインカンプコーディング編(DAY7からDAY16)

いよいよ30DAYSトライアル2ndのメイン課題であるカンプからのコーディングに取り組んでいきます。

(課題のカンプにはパスワードがついているので、東京フリーランスさんのスラックに参加してパスワードを取得する必要があります。)

 

1日1セクションを仕上げていく感じの課題構成で10日間かけて1サイトをまず完成させます。

jQueryを使って動きをつけたりするのはDAY17以降の課題として出題されるので、DAY7からDAY16 まではHTML・CSSでのサイト制作(レスポンシブ込み)を、ピクセルパーフェクトで仕上げていきました。

 

treatmyself.hatenablog.jp

 

treatmyself.hatenablog.jp

 

 アニメーション編(DAY17からDAY26)

 DAY7からDAY16 で制作したサイトにjQueryCSSを使って動きをつけていきます。

ウェブサイトによく使われているドロワー・スライダー・アコーディオンも課題として出題されるのでここでしっかり学べました。

 

サイト制作の課題だけではなく、実際に仕事としてサイト制作をした時の納品前チェック項目やフォント知識に関しての課題もあるので実践的な内容になってます。

treatmyself.hatenablog.jp

 

 最終課題編(DAY27からDAY30)

 30DAYSトライアル2nd総仕上げの4日間で最終課題として用意されているサイトを一つ完成させます。

DAY7からDAY26で作ったサイトより難易度が高くなっている・30DAYSトライアル2ndで学んだスキルを使うように構成されているため4日間で完成させるというのは個人的にかなりプレッシャーでしんどかったです。

ただコーディングの仕事を受けたらこんな感じなんだろうなっという具体的なイメージがつかめる課題だったので、辛かったですけどこれからチャレンジする方には是非4日間で仕上げれれるように取り組んでほしいなとおもいます。

 

treatmyself.hatenablog.jp

 

最後に

 30DAYSトライアルを1st・2ndと続けて行ったことによってコーディング力が伸びたのはもちろん、毎日継続して勉強に取り組む習慣を作ることができました。

2ndはやっぱり1stより難しかったですが、課題にしっかり取り組むことによってスキルが身についていることを実感できる・できない課題に直面してもっと勉強しないとと気が引き締まるの繰り返しなので、成長できるサイクルを回すことができるようになると思います。

 

30DAYSトライアルは3rdまで用意されているので、身についた良い習慣を続けられるようにチャレンジして、ブログ記事にしていこうと思います。

 

30DAYSトライアル1stの課題と感想のまとめも気になる方はこちらの記事をどうぞ↓ 

 

treatmyself.hatenablog.jp