Treat Myself

海外生活中アラサー女子の英語・プログラミング学習備忘録

【30DAYSトライアル1st】 Progate編の感想(Day1からDay7)

スポンサーリンク

Everyone can code!

 

2019年9月9日から始まった東京フリーランスが開催している【30DAYSトライアル1st】 第2回目に参加しています。

 

Day1からDay7はオンラインプログラミング学習サイトProgateを使って学習を進めていきました。課題のまとめと、課題をこなした私個人の感想を綴っていきます。

 

 

Day1: HTML&CSS学習コース 初級編 1章から4章

<課題>

 

<感想>

 Progateは分かりやすいスライドで学んだあと実際にコードを書いてみるという学習方法なのでさくさく進めます。

1週しただけでは理解できないタイプなので、以下のような流れで2週しました。

  • 1週目はとりあえず進めて全体を把握
  • 2週目は1週目の時につまづいたところや理解が怪しいところをメモを取りながらすすめる

このメモがDay6の道場編を進める時にとっても役立ちました。

 

Day2: HTML&CSS学習コース 初級編 5章から7章

<課題>

 

<感想>

コースにそって進めていくだけで、2日目にして簡単なWebサイトを作れるので達成感を味わえます!

私は道場コースにチャレンジせず、課題の部分をメモを取りながら2週して理解を深めました。

 

Day3: HTML&CSS学習コース 中級編 1章から3章

<課題>

 

<感想> 

中級では初級編で作ったサイトより洗練された雰囲気のサイトを作っていくことになるので目標物を確認して、自分もこれがつくれるのか!って思うだけでワクワクしました。

ボタンのカタチを整えるためのCSSの記述が多くてビックリ。

要素を少し透かせることができる(opacityの設定)のが私的には一番感動しました。

 

Day4: HTML&CSS学習コース 中級編 4章から7章

<課題>

 

<感想> 

三日坊主を乗り越えた4日目がかなりきつかった。。

レッスン一覧部分をやるとHTMLの記述量がすごく増えるので、パソコンが苦手なわたしにはちょっとアレルギーが出そう。というような感じになりました。

素敵なWebサイトを作れる様になりたい一心で最後までやりきり、2週目になるともう慣れていてメモを取りながら、復習しました。

慣れって大事ですね。

中級編のメモのとり方として、CSSの使い方もたくさんメモしましたが、完成サイト全体像を描いてどういう要素で構成されているかをメモした物がとても役立ちました。

 

Day5: HTML&CSS学習コース 上級編 すべて

<課題>

 

<感想> 

min-widthとmax-widthの違いを理解するためにかなりの時間がかかりましたが、前の日の辛さに比べたら全然問題なし。

たった5日続けただけでこんなに成長を感じられるのはなかなかないと思います。

 

Day6: HTML&CSS学習コース 道場編 初級と中級

<課題>

 

<感想> 

今までの学習理解度が試される道場コースです。

メモをとっていたのにもかかわらずわからないことだらけだったので、さっさと答えをみて、メモを取って早々に1週目を完了させました。

そして2週目にメモを参考に自力で進めました。

土曜日だったので時間をたっぷり取ることができたので、初級編と中級編ともに2週することができました。

Day6の課題はお休みの時間がしっかり取れる日にやるのがいいと思います。

 

Day7: HTML&CSS学習コース 道場編 上級

<課題>

 

<感想> 

 レスポンシブにするのはDay5で時間をかけて理解したため比較的スムーズに進められました。

ちなみに、時間がとれたのでDay7の課題に加え、HTML & CSS Flexbox編も完了させました。

 

 まとめ

始めの1週間学習を続けただけで成長を実感できるように課題が設定されているので、辛いこともありますが、毎日ワクワクしながら取り組めました。

30DAYSトライアルを毎日こなすことで、技術を習得するために必要な「毎日継続する力」 をつけられると思います。

 

 *30DAYSトライアル1stの課題と感想のまとめを記事にしてありますのでよろしければ以下の記事もご覧ください。

 

treatmyself.hatenablog.jp